MENU

経験者が語る!新卒から回復期病院へ入職した際のメリット・デメリット

この記事がオススメの方

  • 回復期で働きたい!
  • 新卒で病院選びに困っている
  • 就職先が決まらない
  • 急性期病院では働きたくない
目次

新卒で回復期病院へ就職

こんばんは、お豆腐メンタル看護師11年目のククです。

看護師歴二桁になりましたが、実は学生時代は看護師なんてなりたくない!と思いながら看護専門学校へ通っていた本当にダメな学生でした(汗)

ちなみに親が『手に職をつけて欲しい』という希望があり、安心させるためにも泣く泣く看護の道へ進んだという感じです。

しかし、そんな気持ちで看護学校へ入ったため、成績は中の下の下ぐらい、就職活動もやる気が無く、基礎看護技術が習得できて、すぐに採用してくれそうな病院を探し、二次救急のリハビリをメインとした回復期病院に入職しました。(就活をだいぶ甘く見ていました)

そこで3年間働きましたが、回復期病院ならではのメリット・デメリットがあったので今回はそのことについてお話しします!

新卒から回復期病院へ就職を考えている方の参考になればと思います。

回復期病院のメリット

f:id:setsuoto:20200713133615j:plain

わたしが勤めていた病棟は脳神経外科をメインとした消化器内科や呼吸器内科、耳鼻科や眼科など、なんでもありの混合病棟で、急性期病院からダイレクトに自宅へは帰れない、リハビリテーションを必要としたり、在宅調整が必要な患者様が転院されることの多い病棟でした。

病棟の流れがゆっくりで患者様と関われる時間が多い

入職当初はそこまでわかりませんでしたが、ある程度の看護技術や業務を習得し、コツを掴みながら仕事をすると、時間が余るようになり、患者様の元へ行くことも多くなります。

そこで歩行訓練や嚥下訓練など、看護師サイドでもリハビリテーションをしたり、清潔援助やコミュニケーションを取ったりと患者様と関わる時間が多くあり、看護をしている!という実感が湧いていました。

難しい治療がないため、気持ちが楽

3次救急の急性期病院も経験していますが、そこに比べると治療内容が全くと言っていいほど違います。回復期の病院ではシビアな治療がないため、観察をする際は気を張る必要がほとんどありません。また、血液検査やレントゲン検査なども急性期病院に比べると数が少ないです。

急変が少ない

比較的、状態が落ち着いた患者様が多いため急変はほとんどありませんでした。

定時で帰れることが多くワークライフバランスが取りやすい

看護記録などは病院によっても違いますが、わたしの勤めていた場所は必要な情報だけを記録していました。それにより、記録に時間を裂かれることはほとんどなく、患者様のケアも時間内にできていました。また、ワーママさんが多く、協力体制が整っているため定時で帰れることが多かったです。休日出勤もありませんでした

このように3次救急病院と比べると時間の流れは穏やかで急変も少ないため、患者様と多く関わることができ、定時で帰れることも多いです。

デメリット

f:id:setsuoto:20200713133851j:plain

今まではメリットをお伝えしましたが、回復期病院故のデメリットもありました。

重症患者様が少ない分、看護技術なども限られてくる

慢性期病院は状態が落ちつている患者様が多い分、できる看護技術が限られてきます

例えば呼吸器の管理やドレーン管理など、急性期病院ではICUやHCUだけではなく、一般病棟にも重症の患者様が多く、様々な機器の管理が必要となります。それに比べ回復期病院では、そのような機器を装着している方はほとんどいません。そのため、高度な看護技術を習得するのは難しくなってきます

しかし、比較的呼吸状態が落ち着いた在宅用の呼吸器を装着している患者様などはいらっしゃるかもしれません。

入院日数の長い患者様が多く代わり映えがない

慢性期病院は急性期病院からダイレクトに自宅へ戻れず、ワンクッション置いてリハビリ目的で入院したり、施設を探すまでの間に入院するなど、入院日数が長くなる方も多くいらっしゃるため、患者様や看護技術など何かしらの変化を求めることは難しいかもしれません。

急変時の対応が身に付きにくい

はじめの方でもお伝えしましたが、状態の落ち着いた方が多く急変が少ないため、急変時の対応が身に付きにくく、急変が起きた場合はあたふたしてしまいます。

体力的な負担が多い

回復期の病院はADLの改善をメインで来られる方がほとんどです。そのため、半身麻痺の方などの離床を促す必要があるため、看護師の体力的負担が大きく、ボディメカニクスが重要となってきます。回復期の病院は腰痛持ちの看護師が多いのも事実です

まとめ

気持ち的なゆとりがあり、働きやすい環境ではありましたが、看護技術や治療など深く学びたい!という方には回復期病院はあまりオススメできません。

ゆっくり、自分のペースで最低限の看護技術を習得しながら、患者様と関わって行けたらいいなと思っている方にオススメします!

おまけ

転職を考えていらっしゃる方は転職サイトの登録をオススメします!

担当者が希望に沿った転職先を探してくださるのでとってもスムーズ!

ちなみに私はナースパワー人材センター MCナースネットを利用しています。

常勤だけではなく、非常勤やパート、派遣看護師、離島や都市へ期間限定で働くことができる応援ナースなどライフスタイルに合わせた働き方ができるためオススメです!

併せて登録しておきたいサイトが看護師の病院口コミ・求人サイト 【ナスコミ】。気になる病院のリアルな口コミがあるので、転職時の参考になります!

それでは最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる